「戸隠チビッ子忍者村」で遊びつくした後は温かい女将のいる「二葉屋 葉隠」で戸隠そばを堪能!

Pocket
LINEで送る

息子「俺、大きくなったら忍者になる!」

私「・・・。」

私「そうか、お前には忍者の厳しさを教えてやらんとな」

ということで、前日夜に出発して戸隠へ行ってまいりました。

 

途中、道の駅「あがつま狭」でお世話になったあとは

道の駅「しなの」へ

営業前でしたので、外の景色だけ写真におさめました。

雄大な黒姫山、妙高山の景色が一望できる

気持ちのいい道の駅でした。

 

そして、開園と同時にチビッ子忍者村へ到着。

もちろん子供達は忍者服をレンタル!

忍者にあこがれを抱く息子は

喜びを爆発させておりました。

 

施設のほとんどはアスレチック施設なのと

「水ぐもの術」というアトラクションが

ありますので、濡れて困らないように

忍者服はレンタルしておいた方が正解ですね。

その他、有料アトラクションとなりますが

手裏剣投げ、手裏剣投てき・吹き矢

忍者屋敷、からくり不思議屋敷などがあります。

手裏剣投げは意外と難しい!

因みに私は一度も的に当てることができませんでした(泣)

からくり不思議屋敷の方は

内部が迷路のようになっていて

途中の斜めになっている部屋では

なんというか、三半規管がやられます。

 

スタンプラリーも購入すると

アスレチック施設を回る楽しみもできますので

小さなお子様なら

かなり楽しめる施設といった印象でした。

大人の方は、というか私はコレですね!

 

仕上げは戸隠にきたら

やっぱり「戸隠そば」です!

情報によると「うずら屋」さんというお店が

かなり人気らしいですが、すでに長蛇の列。

さすがに、子連れで並ぶには厳しいので

駐車場の係の方に聞いたところ

 

おっちゃん

「蕎麦はねぇ、どこもいっしょだよ。

うずら家さんもおいしいけど、

何時間も待つくらいなら他いった方がいいよ」

「そうなんすかっ!ありがとうございます!」

 

ということで、こちらのお店へ

女将さん「最初の一口は蕎麦に塩をつけて食べると、口の中で香が広がります」

言われた通りに食べてみると、なるほど!

蕎麦本来の香りと味が口の中で広がります。

美味しい!

普段蕎麦は食べない息子が食べるほど

美味しい蕎麦でした!

辛味おろしそば

次回、戸隠に訪れる際には他の蕎麦屋でも蕎麦を食べてみて

食べ比べでもしてみたいと思います。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です