溢れるホスピタリティに感動!埼玉県立「川の博物館」

Pocket
LINEで送る

道の駅「はなぞの」を後にして向かった先は

埼玉県立「川の博物館」!略してかわはく

道の駅「はなぞの」から車で5分程の距離です。

なんと!夏がメインの施設のためか

子供の料金は無料でした!太っ腹!

大人2人分の料金と駐車場料金を支払って入場、

時期外れのため

水を利用したアクティビティは稼働しておりませんでしたが

わくわくランドウォーターアスレチックを無料解放してるとのこと

こりゃあもう、行くしかありませんね。

ウォーターアスレチックはウォーターがありませんから

ただのアスレチックになっておりましたが

指令書を手渡され、子供達はやる気満々。

宝物もゲットして十分に楽しめました。

県立の博物館ということで、

正直あまり期待してなかったのですが

職員の方の対応が素晴らしく丁寧で

気持ちを盛り上げてくれます。

施設を出る際に家族で記念撮影をしていたら

寒い中外まで出てきて、写真をとって頂けました。

もう本当に気持ちのいい笑顔の対応で

夢の国かと思うくらい対応が素晴らしかったです。

 

鉄砲堰の実演イベントもあり

かつて、人がどのように木材を下流まで運んだか、

体験を通して学ぶことができます。

展示にも工夫があって大人も楽しむことができました。

 

施設内に展示してあった水塚の再現の中に置かれていた

ネズミとネコがなんともキュートでしたので

思わずパシャり!

水塚(みづか、みずつか、みつか)とは

洪水の際に避難する水防施設である。

母屋よりも数十センチないし3メートルほど

高く盛土を施した上に

設けられた倉などの建物、

あるいはその盛土を言う。

–Wikipediaより引用–

 

室内でも十分に楽しめる施設でしたが

次回は夏に来てみようと思います。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です