【実録!】バロッコ車内での恐怖体験

Pocket
LINEで送る

それは風薫る初夏

バロッコが納車されて間もない頃

群馬の秘境「上野村」へ向かう道中立ち寄った

限界集落にある道の駅「オアシスなんもく」で

突如として起こった出来事でした・・・。

自販機で購入したホットコーヒーを片手に

運転席に乗り込むと、突如

背後で怒りと叫びが入れ混じった女性の声が聞こえました。

「あ●た◎△$♪×¥●&%#怒!ど●Xて◎△$♪×¥●&%#さX!!!」

(あまりに生々しく、過激な表現のため一部伏字とさせて頂きます)

状況から察するに、当時2歳でイヤイヤ期真っ最中の娘が

なんと!車内にわざとジュースをこぼし始めたのでした。

 

ここはさすがバロッコの撥水シート

すぐさま拭き取り、事なきを得ましたが

嫁ちゃんの怒りは一向に収まりません。

対岸の火がやがて本土を焼失させるのは

もはや時間の問題だと防衛本能が働きました。

 

ゆっくりとアクセルを踏み

相手との間合いをはかります。

ですが、当然同じ車内のため

地図上の座標だけが虚しく移動するだけでした。

 

永遠かと思われた時の中で

嫁ちゃんからゆっくりと一言

「バロッコ車内では水以外禁止にしようか」

私「お、おう!そうだな」

熱々のホットコーヒーを一気に喉の奥に流し込みました。

 

今回はネタ記事です。

<(_ _)>

 

普段は夫婦共々穏やかな性格ですので

道の駅などで見かけた際はお気軽にお声がけ下さい。

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です