旅用マウスの決定版!ProPoint

Pocket
LINEで送る

昨年12月に、日本円で約1万6千円(送料含む)で

INDIEGOGOにて出資して

今年2月に届いてから、ほぼ毎日のように使っています。

思った以上に、このマウス「ProPoint」が良かったので

そのレビューを記事にしたいと思います。

 

16000円以上もする超高級マウスに投資した経緯

ちょうど首のヘルニアになって

腕の痛みに悩み、少しでもマウスを使った手の負担を

軽くしたいと思ったときに

このマウスに出会いました。

しかも、写真のとおり携帯性に優れていて

Mac,iPadでも使えるので、常時パソコンを

持ち運ぶ私にはうってつけというこでコレを選びました。

 

実際使ってみた感想

確かにマウスを持つ右手の負担は軽減されたました。

たま~に通常のマウスに戻した時に

こんなに手に負担をかけてたんだと思うほど

マウスを持つ手に対する負担は少ないです。

おそらく、これは「ProPoint」の特徴でもある

ペンを持つ感覚に限りなく近くなるように

マウスを動かすことができるからだと思います。

ここが便利!

ティルトジェスチャー機能

画面のスクロールはマウスホイールの他

ティルトジェスチャー機能でも実現できます。

  • 傾けた状態でマウスを上に移動 – 下にスクロール
  • 傾けた状態でマウスを下に移動する – 上にスクロールする
  • 傾けた状態でスワイプマウス左 – 左パン
  • 傾けた状態でスワイプマウス右 – 右パン

この機能、「ProPoint」を語る上で非常に特徴的な機能なのですが、

スクロールになる傾きのポイントを掴むのが難しいです。

慣れてしまえば、クセになって快適に利用できると思います。

 

プレゼンテーションモード

私の場合は利用頻度は低いのですが

普段からレーザーポインターを

持ち歩ているような人にとっては

1台2役で使えますので、

余計な荷物を持たなくていいと思います。

因みにこちらのモードは

Microsoft Powerpoint(動作確認済み)及び

その他のプレゼンテーションアプリケーションで

動作するようです。

 

複数のBluetoothデバイスと接続可能

最大3台のデバイスとペアリング状態を保存でき

接続できるデバイスが複数近くにある場合は

電源を入れ直している間にセンターボタンを押して、

それらのデバイスを入れ替えることができます。

 

ここが不便

欠点をあげるとすれば、

Blutooth接続のマウスの宿命なのかもしれませんが

たま~に途切れることですかね。

これも電源を入れなおせば自動で再接続するので

それほど手間には感じません。

 

おすすめポイント

  • とにかく手への負担がかるい!
  • WindowsとMac両方で使える!
  • 小さいので持ち運びに便利!
  • 旅先でプレゼンができる!(しないけどね!)

まとめ

値段的な問題がクリアできる人や

マウスを持つ手の負担に苦しんでいる人には

相当おすすめしたい逸品!

 

ボタン配置が特徴的なところもあり、

操作に多少の慣れは必要かと思いますが

慣れてしまえば手放せなくなること間違いなしです。

 

エアプレゼンター機能搭載 小型ワイヤレスマウス【ProPoint SM600】
究極のトラベルマウス – 机なしでも、問題なし。ソファの上、カフェ、空港、飛行機、バス、電車の中どこでも。
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です