【秘湯】時の経過を楽しめる温泉「滝沢館」で日帰り入浴

Pocket
LINEで送る

台風も過ぎ去った翌日

久しぶりに平日のお休みを頂けたので

親孝行もかねて母親を連れて日帰り温泉へ。

ここでも「ぐんまの源泉日帰り入浴パスポート」を

活用させて頂きました。

パラパラとページをめくって

目にとまった「にごり湯」の文字、

訪れた先は滝沢温泉「滝沢館」です。

途中、本当にこんなところに温泉宿があるのかと

思うほどの山道を抜けるとポツンと見えてきます。

まさに秘湯といった印象ですね。

 

受付を済ませると

「少々こちらでお待ちください」と

趣のある囲炉裏の間に通されます。

前日の台風で露天にシートをかぶせてあるのでとのこと。

ということは今日の一番風呂ですね。

 

待っている間に写真許可を頂きましたので

いくつかご紹介。

フロントの向かいには大きな年代物の時計があり

歴史を感じさせてくれます。

玄関には日本秘湯を守る会の心に響く文章があり

ちょうどそれを読み終えたくらいで

「お風呂の準備ができました」とのこと

 

さっそくお目当ての露天へ

もちろん先客なし

見事に自然と調和した素晴らしい雰囲気の露天です。

ここの湯は時間の経過とともに色を変える湯だそうです。

今日この時間はわずかな濁りをみせていて

温度の方もわずかに体がしびれるくらいの温度でした。

貸し切り状態のお風呂を満喫し

川側にある源泉の水風呂と交互に入ること1時間。

すっかり体も癒され、すこし軽くなったような感覚でした。

 

入浴を終え、脱衣場で身支度を整えていると

何かがカゴの中からピョン!

一瞬たじろぎましたが、眼鏡をかけてよくみると

バッタさんでした。(笑)

これもまた一興ですね。

 

本日もいいお湯を頂きました。

今この記事を書いている夜まで

体が温まりました。

ぜひまた寄らせて頂きます。

 

帰りにはこの周辺で有名なお蕎麦屋さん

「桑風庵 本店」へ

美味しいお蕎麦と温泉で

日頃はなかなかできていない

親孝行できたかな・・・。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です