Peak Design キャプチャーV3がカメラの持ち運びに超便利!

Pocket
LINEで送る

旅の記録に欠かせないのがカメラ

因みに私は「Nikon 1 J5」を愛用しております。

コンパクトで私みたいなカメラ初心者には

扱いやすいのが特徴のカメラです。

こんなコンパクトなカメラでも

頸椎ヘルニアの私には首からぶら下げていると

ダメージが大きいのです。

動くとブラブラするのも、なんとなく邪魔ですね。

かといってバッグの中に入れとくと、

取り出すのが面倒で結局使わなかったり、

肝心のシャッターチャンスを逃したりなんてことも・・・。

そこで、カメラの持ち運びが超快適になるという

話題の「Peak Design キャプチャーV3」を購入してみました!

 

まずはお約束の開封の儀

開けてビックリ!

説明書ないんですね、

箱みればわかるでしょってやつですね。

まぁわかりますけど・・・。

説明書が要らないほど、

デザインが洗練されているという証でしょう。

中身はこんな感じ

右下のものはカメラ側に取り付ける台座です。

本体の方はバッグパックのショルダーに取り付けます。

※上の写真は少し上にとり付けた状態です

 

そこに、先ほどカメラ側に取り付けた台座を

スライドするようにカチッっと固定するわけです。

埃がレンズに入りにくいように

レンズ側を下に向けられるのがナイスですね。

 

一応下の写真のようにベルトにも装着は可能ですが、

若干使いにくいので、使いやすさや

体へのあたりを柔らかくしたい方は

プロパッド」という別売りの商品を

試してみてもいいかもしれません。

 

外して使う際は下の写真のでっばりの部分を押して

ロックを解除します。

 

注意点として、Amazonなどの販売サイトでは

取付可能幅が7.6cmとなっておりましが

計測してみたところ約5.5cmといったところでした。

 

最後に、先日訪れた公園で使ってみましたが

まず落ちる心配は全くありませんでした。

調子に乗って、カメラ装着したまま

川の飛び石をジャンプでまたいだくらいです。

その上、カメラを取り出すストレスがかなり減りましたね。

取り付けた際の装着感もクセになるくらい心地いい。

心の中で( 変身! )と叫んでおりました。

 

いやぁ、いい買い物しましたね。

嫁ちゃんに購入時の金額伝えたら絶句しておりましたが

そこは、すかさずこう言ってやりました!

「カメラで撮った思い出はお金で買えないでしょ、

買えるものはクレジットカードで!」

 

どうやら、来月のお小遣いから差し引かれるみたいです。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です